有機食品の栄養価は本当に高い?最新研究結果から見る真実

有機食品は栄養価が高いって聞いたけど、本当かしら?

近年、健康志向の高まりとともに、農薬や化学肥料を使わずに栽培された「有機食品」への注目が高まっています。しかし、「有機食品は栄養価が高い」という噂は本当なのでしょうか?

この記事では、有機食品の栄養価に関する最新研究結果をわかりやすく解説するとともに、購入する際に知っておきたいポイントについて詳しくご紹介します。

有機食品と栄養価の関係

有機食品と栄養価の関係については、さまざまな研究が行われてきました。オーストラリア政府の分析研究機関AGALの研究によれば、「自然の土壌を再生技術を使っているオーガニックの農場で育ったトマトや豆、胡椒や人は、従来の野菜の10倍ものミネラルを含む」とあり、英国土壌協会からは、有機農産物にはビタミンCやミネラルが豊富に含まれているとの報告もあります。(参考:「リアル・オーガニック・ライフ(須永晃子)」)

このように、有機食品は慣行栽培食品よりも栄養価が高い傾向があると言えるでしょう。

有機食品の栄養価を高める要因

有機食品の栄養価を高める要因としては、以下の3点が挙げられます。

  • 土壌の健康: 有機栽培では、化学肥料や農薬を使わずに有機肥料を用いるため、土壌の微生物バランスが良好に保たれます。その結果、植物が栄養素を効率的に吸収できる環境が整います。
  • 栽培方法: 有機栽培では、自然の力を最大限に活用するため、多様な栽培方法が取り入れられます。その結果、植物が本来持っている栄養価を引き出すことができます。
  • 品種: 有機栽培では、病害虫に強い品種や、栄養価が高い品種が選ばれる傾向があります。

有機食品を選ぶ際のポイント

有機食品を購入する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 有機JASマーク: 有機農産物の検査及び認証を受けた農産物にのみ付与されるマークです。
  • 生産者情報: どこで誰が栽培した野菜なのかを確認しましょう。
  • 旬の野菜: 旬の野菜は栄養価が高く、味も良いのでおすすめです。
  • 価格: 有機食品は慣行栽培食品よりも価格が高い傾向があります。

まとめ

近年の研究によれば、有機食品は、慣行栽培食品よりも栄養価が高い傾向があると言えます。購入する際には、有機JASマークや生産者情報などを確認し、旬の野菜を選ぶようにしましょう。

有機食品は、健康的な食生活を送るための選択肢の一つとして、積極的に活用することをおすすめします。

参考情報

英国土壌協会(ソイル・アソシエーション/SOIL ASSOCIATION)公式サイト

https://www.soilassociation.org/
この記事を書いた人
日本正月協会 代表 今成優太

日本全国47都道府県をめぐり、各地のお正月の郷土文化を研究・情報発信する、日本正月協会の代表者。2024年1月、TBSテレビ初出演。
農耕儀礼であるお正月行事の活性化の一環として、有機農業を盛り上げるため、優しいサイトの運営を開始。目標は「有機玄米もちを手軽に食べられる社会の実現」。
調理師、和食文化継承リーダーなど、食に関する国家資格を持つ。

日本正月協会 代表 今成優太をフォローする
有機食品
日本正月協会 代表 今成優太をフォローする
優しいサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました